忍者ブログ

2017/10/18 (Wed)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2007/08/21 (Tue)
「見方」
Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

ニュースで、高校生による模擬裁判の大会を取り上げてた。

仮想の強盗傷害事件をもとに、検察側、弁護側の両方で裁判に臨み、総合点で勝負が決まる、ってな大会らしい。

これ、非常によろしいんじゃないでしょうか。とかく物事を一点から捉えがちな昨今、全く逆の視点から同一の物事を捉えるというのは、日常ではなかなか無い事でしょう。

物事には善悪の性格は無く、捉える人が善悪を決定する訳で。ここがめちゃくちゃ大事なんじゃないかと。


捉える側の善悪の定義ってのが、前提ですけど。もちろん。

で、この善悪、想像力が大事なんじゃないかと。

なぜ、盗んではいけないのか。
なぜ、暴力はいけないのか。
なぜ、人を見下してはいけないのか。
なぜ、人を殺めてはいけないのか。

その先をイメージできないと、善悪を決められないよね。

昨日観たTVで、絶滅危惧種のマウンテンゴリラ。母親が育児放棄したので、オバァちゃんが引き取って、我が子と共に育てているらしい。マウンテンゴリラは普通、子供は一匹ずつしか育てないらしい。二匹同時だと、栄養が十分にまわらなくて、二匹とも死んでしまうらしい。

このオバァちゃんゴリラ、育児放棄された子供の、その先を、イメージ出来ているのかもしれない。人間と何ら変わらんよね。


これだけ情報が溢れ、どんな事でも知る事が出来る時代。取捨する側の責任ですよね。マスコミや新聞の報道が全てではない。拉致問題、環境問題、民族紛争。

「あ〜、あったあった、ニュースでよくやってたなぁ。」

いまも、ニュースでやってるんですよ。もちろん。進行形ですよ。


知ろうとしてないだけでしょ。ワイドショーとは違いますよ。


拍手[0回]

PR


トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 夏太り  |  ホーム  |  8月は、いろいろと >>