忍者ブログ

2017/10/18 (Wed)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009/05/14 (Thu)
「尾崎」
Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

先ほど、NHKで放送中の「SONGS」てな番組で、尾崎が、出演してました。

豊、じゃなくて、亜美、のほう。

尾崎亜美。デビュー当時はポストユーミンの呼び声も高く、デビュー3年目にしてすでに楽曲の提供をするなど、そりゃもう実力派シンガーソングライター。「マイ・フェア・レディー」「オリビアを聴きながら」「天使のウィンク」「春の予感」等々、名曲を多々産み出していらっしゃいます。

オレが歌謡曲に夢中になってた小学生当時、杏里の歌う「オリビアを聴きながら」がヒット。オレも大好きな曲で、その後TVで作曲者である尾崎亜美の歌うバージョンが放送されてるのを見て、正直、杏里より格段によかったのを憶えてる。リズム感、歌い回し、英語の発音、とにかくなにもかもよかった。

ヒット曲の数で言えばユーミンには遠く及ばないかもしれんけど、オレ個人としては尾崎亜美のほうが楽曲の完成度は高いと思う。あと、感情というか、気持ちが出まくってると思う。女性らしい感情がね。ユーミンは確かにヒット曲は多いけど、あまり記憶に残るような曲がね、無いんやけど、尾崎亜美の曲は忘れられへん。聴くたびにグッとくる。

そして現在の尾崎亜美。ご結婚もなされてるし、歳も若くはないけど、今現在の尾崎亜美を、真っ直ぐになんのブレも無く生きてらっしゃる様に思う。これは、おなじく「SONGS」で観た今現在の沢田研二にも感じた事。ヒット曲を歌い続けてる歌手によくある、なんや訳のわからん歌い回しにアレンジしまくるようなところが一切ない。あれやね、昔全盛期であった時の自分の歌に勝てないから、なんや訳のわからん歌い回しにして演奏もアコースティックっぽいヤツにして、違う感じの曲にしようとしてるんやないかとオレはおもうんやけど。でもそれは結局、昔の自分に勝ててない気がする。

尾崎亜美、沢田研二は両者とも今現在の自分らしさをそのまま、おもいきり生きて、おもいきり歌ってる。だから、カッコいいんや。昔のヒットソング歌うときにキー落としても、ハスキーな感じの声になっても、誤摩化して歌ったりメロディー変えたりはしない。それでもやっぱりカッコいい。サイコーやね。


んで、両者とも、京都出身。すげーよ、これ。


京都、すげー。




拍手[0回]

PR


トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 無料ダウンロード  |  ホーム  |  GW >>