忍者ブログ

2017/10/18 (Wed)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2008/09/25 (Thu)
「X-1G」
Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

確か、昔家にあったPCの名称。のはず。その前はPC-6001mkⅡ。

まだぜんぜんPCが普及する前の、メーカーごとに違うBASIC(今で云うOS)が乱立してた時代。NEC、富士通、SHARPなどが独自のBASICを競うように次々とハードを発売してた時期。そんな頃に我が家で所有していたPCがNEC製PC-6001mkⅡ、そしてSHARP製X-1G。

記録媒体としてはカセットテープ、フロッピーディスク。当時はPC6601あたりから3.5"FDに移行してきた感じで、それまでは5"FDが最先端。カセットって・・・。

でも当時からパソコン同士のネットワークはあって(パソコン通信と云ってた)、その通信で利用するのがモデム。モデムって云っても今のそれとはかけ離れていて、電話の受話器を直接設置する装置みたいなんがあって、まぁ、現在の電話機みたいに多種多様な形の受話器が無い頃なもんで、いわゆる黒電話の受話器のスピーカ部分とマイク部分をカポッとはめ込んで、「ピーピーピーガガーガーガーピー」、FAXを普通に受話したら聴こえてくるアレ、を、電話回線を通して通信するという。そんなヤツ。

当時のPCゲーム、ソフトとして販売されていた媒体は、カセットテープ。テープに「ピーピーピーがガーガー」ってのが吹き込まれてて、PCがそれをデータとして処理する。んで、ゲーム出来る、ってな感じ。今では想像もつかない環境ですね。LOAD出来ませんでした、みたいなこともしょっちゅう。それもLOAD時間20分とか平気でかかってたからね。

そんな環境で当時夢中になって遊んだ記憶のあるゲームの動画を、YOUTUBEで観覧。「RELICS」と「スターアーサー伝説」。ほんま、懐かしすぎる動画。

「サラダの国のトマト姫」、「HYDERIDE」、「ミステリーハウス」、「XANADU」等々、挙げればキリが無い。


今、今こそ、PLAYしたい。


「タイニーゼビウス」「ポートピア連続殺人事件」「オホーツクに消ゆ」「軽井沢誘拐案内」「ファランクス」・・・


YAHOOオークションとかで筐体、売ってないやろか・・・


拍手[0回]

PR


トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 『ハウルの動く城』  |  ホーム  |  9.15西院ウーララ >>